BEISHU GALLERY

米州ギャラリー THE LEAF AWARDS 2016, Shortlisted THE INTERNATIONAL DESIGN AWARDS 2016, GOLD WINNER リーフ賞2016 ショートリスト入選 インターナショナル・デザイン・アワード2016 金賞 JCD デザインアワード2015 BEST 100 DSA 日本空間賞2015 入選 COLLABORATION: ATELIER O LIGHTING DESIGN 照明デザイン:KAZUHIRO NAGASHIMA 永島和宏/ CHIPS LLC + NATSUHA KAMEOKA 亀岡夏葉 / LIGHTING SOU 株式会社ライティング創 PRODUCE プロデューサー: AKIKO DEMURA 出村亜希子/e-Sohko GROUP 株式会社イーソーコ総合研究所 CONTRACTOR 施工:e-Sohko GROUP 株式会社イーソーコ総合研究所+URBANPLAN 株式会社アーバンプラン CLIENT :YOSHIKO KATSUMATA/BEISHU 株式会社米洲 PHOTO: Takumi Ota, Ryuichi Sasaki LOCATION: 2-3-12 TAITO, TAITO-KU, TOKYO 東京都台東区台東2-3-12 AREA: 80.70m2

Beishu Gallery is located in Taito area of Tokyo, where traditional craftsmanship still remains vibrant on every corner of the streets.
Beishu is an esteemed high-brand of traditional hina dolls (girls’ court dolls from the classical era). The reputation of the brand was established by late Hara Beishu, dollmaker, who eventually received the first and the only national cultural property title in the industry.
The goal of the project was to design a multi-functional space to serve as entrance, gallery and showroom on the ground level of 40-year-old Beishu Building.
Two different zones reside in the space. One in the front is the entrance and gallery which boasts a 3.8m-high ceiling. Furniture is made easily movable in order to assure flexibility. Pendant lights illuminate the dolls from close and generate impressive shadows.
Beyond the gallery, steel shelves float in overlaying rows in the iconic showroom zone. Each set of dolls hover in its own small world, like in emaki-mono (picture scrolls) where each scene is depicted between the golden clouds. Every plane of the shelf drifts like a trailing cloud and acts as a stage to embrace individual story of the dolls.
In order to give a weightless feel and at the same time to control flexure, thickness is independently adjusted by computation. Far-back wall glows from a relatively intense indirect light, which render the space in a bright cloud with gentle nuances in shadows. Straight steel shelves and amiable faces of dolls live in a dream-like harmony.
As a whole, two zones are seamlessly associated by floating tiny scenes. Contrast in shadows generated by the different types of lights adds to the depth.
Soft sunrays filter through the dot gradient on the façade, a reinterpretation of traditional cloud pattern, and enfold the whole space.

米洲ギャラリーは、今なお職人文化が息づく東京の下町、台東区に存在する。
1970 年代に建設された米洲ビルの1階に、エントランス、ギャラリー、ショールームの3つの複合的な機能を持つスペースをデザインすることが求められたプロジェクトである。米洲は、ひな人形・五月人形の「無形文化財」に指定された人形師、原 米洲氏の技術を伝えるブランドである。
内部には性格の異なる2つの空間が併存する。
3.8M の高い天井を持つ手前のエントランス、ギャラリー部分では、可動式の什器が置かれ、ペンダント型のスポットライトで人形を近くから照射することで、陰影の印象的な展示としている。
その向こうには、浮遊しつつ連なる展示棚が、象徴的なショールーム空間に重層している。ショールームでは、長い歴史を持つ米洲のお人形が、まるで屏風絵や絵巻物の金雲の向こうに垣間見える物語のように、それぞれの小さな世界に浮かんでいる。金属で組み合わされた展示棚の床面(舞台)が、たなびく金雲のように漂流しながらそれぞれの世界を取り囲む。浮遊感を演出しつつ、たわみを制御するため、展示棚の厚みはそれぞれ計算により調整されている。奥の壁は強い明るさの間接光で照らし、光の雲に包まれる優しい陰影の表情としている。金属の直線的な表情と、柔和な人形のお顔が不思議な調和を見せる。
なる性質をもつ2つの空間がそれぞれ浮遊する小世界によりシームレスに繋がっている。手前と奥との陰影の違いで奥行きを感じさせる照明計画としている。
ファサードからは、ドットの濃淡を用いて現代的に再解釈された金雲や朽木雲の文様を通して光が透過し、店全体を柔らかく照らしている。
2017 All rights reserved by Sasaki Architecture and S.A.A.O
Back to Top