Before Renovation
In recent years, various renovation projects have been attempted for a warehouse building, at which a legendary disco, “Juliana's Tokyo”, once existed as a symbol of the Tokyo waterfront in the early 1990s. However, the attic part of the former discotheque on the second floor remained untouched for a long time, since it had a low ceiling height of 2.1m with only 1.7m under the beams, causing an oppressive feeling in the space.
Our design intended to create an open space with floating walls and pillars. The beams and other components were reconsidered as different spatial components, and were redefined in the space.
The ceilings were removed, and the beams now surround the space as drifting walls, while lights are used to enhance the sense of floating. Dividers of individual spaces for tenants are transparent glass attached beneath the wall volume. Floating walls are also placed in the entrance lounge, and function as shelves or counter desks.  The “Tenant A” zone adjacent to the entrance lounge visually achieves a sense of unity and openness, and the “Tenant B” in the back consists of a single space where the entire walls are floating.
The oppressive attic-like space of a symbol of the past was transformed like a wall cloud, and regenerated as an impressive space.

1990年代初頭バブル時代の象徴でもあったウォーターフロントのジュリアナ東京があった倉庫ビルにおいては近年様々なリノベーションが試み続けられてきている。ディスコの痕跡の裏屋根部分に相当する2階のフロアは梁下1.7m、天井高さ2.1mしかない圧迫感がある空間として放置されてきた。
今回依頼されたのは、この難しい条件の空間を2つのオフィステナント空間、イベントラウンジスペースとして商用利用できるように工夫のあるデザインをして欲しいというものである。
そこで私たちが考えたのは壁や柱などが浮遊し広がりのある空間。
梁下が低いことを逆に特徴としてとらえることである。
梁を別の空間構成物として捉え直し空間の中で再定義することである。
天井は取り払い、梁は漂流する壁になって空間を包み込み、照明により浮遊感を増す様にしている。テナント空間であるための区分けとしては、壁のボリューム下部に透明なガラスで固定している。
エントランスラウンジにも浮揚する壁を配置し、それらは棚となっていたり、カウンターデスクになっていたりもする。エントランスラウンジと隣接するテナントAゾーンは視覚的にも一体感と開放感を獲得し、奥にあるテナントBはひとつの空間として壁面全体が漂う様に構成している。
閉塞感があったかつての時代の象徴の屋根裏的存在の空間が、壁雲のように変換され印象づける空間として生まれ変わる。
2017 All rights reserved by Sasaki Architecture
Back to Top