東京の南側、五重塔でも知られる池上本門寺の麓が敷地である。日蓮が開いたとされる日蓮宗総本山でもあり700年以上の歴史がある。大田区池上周辺は、池上本門寺の山を中心に街づくりがなされていて春は桜の名所として名高いエリアである。敷地麓の寺町では、お寺、カフェ、店舗など街を活性化させようとする動きがある。そして、この地に居住しながら音楽発表、創作、練習、勉強も出来る施設計画が持ち上がった。多様な音楽生活の活動空間を提示すると同時に異なった時間での利用の構成がハイブリッドに組み合わされるようにプログラムする計画である。
敷地は、東西に台形のように拡がる形状で敷地半分は4M道路といった路地に面している。北側は墓地があり山状に地形が池上本門寺まで続いている。居住者が常にお墓を見ながら住まわなくても済むようにという要望および崖条例から北側には開口部を設けない計画としている。西側には、お寺やカフェがあり週末は池上本門寺の散歩道となっている。南東側には、居住地が広がっている。
建物形状は、この敷地のジオメトリに沿って拡がりをもたせた形状とし、西南部分に計画した音楽ホールを内外で回遊する空間をつくり起伏がある丘状で高低差があるランドスケープ空間としてアプローチ・ホワイエ・エントランスホールを形成している。この回遊空間上部に南北軸にずらした山なりの地形を感じさせるボリューム形状の居住空間がまたがる形としたこの施設の象徴でもある。
回遊空間から一歩奥に入ると、防音賃貸住宅、ペントハウス住宅のプライベートなゾーンを計画している。
日影規制、高度斜線等の法的制約にも順応し、周辺環境への採光、居住空間への眺望も配慮した山なりの南北軸のボリューム空間は、過半を占める効率的に計画された居住空間との組み合わせにより、単に積層する居住施設とは異なる楽器、リズムを彷彿させる効果を生み出すように考えた。
音楽ホール
西南部コーナーに高さ6M超の台形のボリュームとした2層ある80席収容可能な音楽ホール。音楽ホール外部、内部には、リズムを視覚的に感じられる壁を散りばめる様に設けてひとつの世界観を感じることが出来るように考えた。外部では、コンクリートの壁でリズムが作れるようにいくつか斜め壁部分を点在させ、内部ホワイエでは、3つのブラス色カラーステンレスの斜め壁を作りながら照明ラインが入っている。ホール内部には音響反射板でホールを前面囲い込むようにした。大きな壁面としては、それぞれ斜め状として形作っている。音響的にも平行な部分を極力つくらないように音響反射板群と壁面が直行しない様にしている。
この特異性のある空間に囲まれながら音楽空間体験ができる様に考えた。また、ホール空間を囲むように設けた回遊空間に対しガラス面および扉で開くようにし、外部との同時利用も想定できるようにしている。
音楽練習室
平面、天井面は台形で平行な部分を作らないように音響に配慮した空間としている。またホワイエ・エントランスホールに対して開口部を設け、練習活動の様子をうかがえる様にしている。
居住空間
建物中心部分に、池上本門寺の参道の階段を想起する様な居住者用のメインアプローチ階段がある。
防音対応賃貸住宅とペントハウスの異なる居住空間。エントランスは、ホール空間のエントランスとも共用し、セキュリティを経て居住空間エリアに到達する。
防音対応賃貸住宅は、玄関・廊下・水廻りの一般部と防音対応の居間の組み合わせである。この空間では、音楽練習、音楽鑑賞、TV,ビデオ鑑賞など多様な使用が想定される。入れ子状の空間は、完全な防音対応を可能としている。
ペントハウスは、オーナーの住宅となっており、南北軸にずらした2層分の三角形状ボリュームの下部空間を享受できる様になっている。これらの3つのボリュームの中に、可動壁を介して、連続する空間を大きなリビング、ダイニングスペースと使用、就眠時は、家族の各々のベッドルームに区分されるなど、可動空間を実現している。また視覚的には、ホール上部の広いテラス空間および外部の景観を借景として取り込んでいる。
回遊空間
ホール、練習室を回遊する様に、敷地内通路からなるエントランスアプローチ、エントランスホール、ホワイエから動線が成り立っている。この空間を回遊ホワイエとして、エントランス散策路から屋内ホワイエなどの多種の空間を体験することができる。
屋外空間
歴史ある池上本門寺周辺の植生を意識し、様々な周辺に植生している植栽、石積みの蛇篭壁面などに囲まれ、周辺のお寺、カフェ施設などで連携できる様に、道路を介して休憩スペースを設けることなどをしている。

池上の音楽複合プロジェクト (正式名称:IDEAREVE IKEGAMI)
2021年5月 完成
音楽ホール(80席)、練習室、防音賃貸住宅等の施設
建築設計:佐々木龍一/佐々木設計事務所
設計担当:佐々木龍一、坂口源、小倉裕里子/佐々木設計事務所
PRODUCE:八木貴志/八木工務店
構造:寺戸巽海構造計画工房
音響:永田音響設計
ランドスケープ:PLAT DESIGN
照明:ライティング創
施工:八木工務店
写真:太田拓実
(株式会社表記は省略)

受賞
ワールド・アーキテクチャー・フェスティバル・アワード2020-2021 ファイナリスト
アイコニック賞2021セレクション
 The project site is located on the south side of Tokyo, at the foot of Ikegami Honmonji temple, well known for its five-story pagoda. In Japan it is considered as the head temple of the Nichiren sect of Buddhism, said to have been founded by a noble monk Nichiren more than 700 years ago. The land space surrounding the historic site of Ikegami Honmonji temple, atop the mountain area in Ota Ward, is famous for its cherry blossoms during the spring season. At the foot of the site, the town around the elevated temple flourishes in its act of revitalisation with smaller temples, cafes, stores, and a plan for a facility in which the residents of the area may present, create, practise, and study music. The plan is to present a variety of spaces for musical activities and simultaneously program them to be used at different times in various hybrid ways.The site itself takes the form of a trapezoidal shape, extending from east to west — while half of the site faces a narrow alley. On the north side, there is a cemetery and a mountainous terrain that leads up to the Ikegami Honmonji temple. To conceal the graveyard and the zoning ordinance from the residents, which is a building restriction on and below the cliffs to prevent earthquake collapses, no openings to the site were planned on the north side. While on the west side, there are temples and cafes — and on weekends, it becomes a walkway to the Ikegami Honmonji temple. The southeast side is reserved for the residential area. The building’s structure is spread out along the site in a geometrical fashion. The music hall is placed in the southwest part of the building, creating a space for circulation between the interior and exterior of the site: forming the foyer and entrance hall as the landscape space entwines with undulating hills and variations of elevated spaces. Atop the circulation area of the structure is a residential space, designed with a volume shape — an effect of mountainous topography effect, which has been shifted along the north-south axis of the site, symbolic to this project’s facility in connection to the Ikegami Honmonji temple.Shifting away from the circulation space of the architectural site, one may see the distribution of the private zones reserved for soundproofed rental and penthouse planned housing areas. The volume space on the north-south axis of the mountainous area complies with the urban legal restrictions: sun-shading and building height regulations (oblique lines), — while also taking into consideration the lightning effect in relation to its surrounding environment. The view of the residential area is designed to create an effect reminiscent of musical instruments and melodic rhythms — different from those of simply stacked living facilities — creating a combination of the music hall with the efficiently planned living spaces that occupy most of the building.
Music Hall
The music hall consists of a two-storey building, with 80 seats in the theatrical hall, forming a trapezoidal volume of over 6 metres high in its southwest corner. The interior and exterior of the hall consist of walls designed to evoke a sense of visionary, rhythmic, and musical world. In the foyer of the inner structure, 3 brass-coloured stainless steel diagonal walls are composed with the lighting lines. The inner frontal part of the hall is surrounded by acoustic reflectors, while each of the large walls forms together into an abstract diagonal shape. To avoid the sound from overlapping, these acoustic reflectors and walls are not aligned parallelly in the plan.The concept of this structure is to create an experience of musical space in the surrounding of its unique location. In addition, the hall is also surrounded by a circulating area of glass surfaces and door entrances — to allow for multiple passageways in and from the music hall in connection to its exterior world.

Music Practice Room
Similarly to the music hall, the music practice rooms display consideration for the quality of acoustics: the planes and ceilings are formed in a trapezoidal shape, likewise avoiding any sound overlaps. Additionally, an opening to the foyer and the entrance hall is created so that the music students could observe the music practice activities of others.
 
Residential Space
In the centre of the building, the main staircase leads to the residential area — reminiscent of the staircase at the Ikegami Honmonji temple. This staircase is a symbolic aspect of the architectural structure as it reflects the sacred aspect of the temple.       Various residential areas consist of sound-proofed rental houses and penthouses. While the main entrance is shared with the music hall space, to reach the residential area one needs to pass through additional entrance security.The soundproofed rental house is composed of an entrance, corridor, kitchen, bathroom, and a soundproofed living room — which may be used for a variety of purposes: music appreciation and practice, TV and other types of video-watching activities.The penthouse is the residential unit of the owner — who can enjoy the space made up of the lower part of the two triangular volumes, which are shifted to the north-south axis of the structure. The penthouse is composed of 3 volume areas with sliding walls, that allow for the maximum of continuous space to be used in an effort to enlarge the space as a living and dining room area. While sleeping, there is an option to divide the space into multiple bedrooms, for each member of the family or a guest. The large terrace space above the hall, together with the external landscape, is incorporated into the scenery.
Circulation Space in the Foyer
The architectural flow line is composed of an entrance vestibule and a foyer — which is used as an entrance hall circulation space, granting the visitors to experience a variety of areas within the complex from the outdoor entrance walkway to the indoor foyer.
 Outdoor Space
With a strong awareness of the vegetation enveloping the historic site of the Ikegami Honmonji temple — the building is surrounded by various species of plants and gabion walls for the garden. Additionally, it has a rest area across the street, the connector between the temples and the cafes.
ARCHITECTS: RYUICHI SASAKI/SASAKI ARCHITECTURE
STRUCTURE:TATSUMI TERADO STRUCTURAL STUDIO
ACOUSTICS: NAGATA ACOUSTICS
LANDSCAPE: PLAT DESIGN
LIGHT: LIGHTING SOU
CONSTRCUTION: YAGI KOHMUTEN
PRODUCER: TAKAYUKI YAGI/YAGI KOHMUTEN
COMPLETION: MAY, 2021
PIANO HALL (80 SEATS), PRACTICE ROOM, SOUND
PHOTO: TAKUMI OTA PHOTOGRAPHY

AWARDS/PRIZES
WORLD ARCHITECTURE FESTIVAL AWARDS 2020-2021, FINALIST, MIXED-USE CATEGORY
ICONIC AWARDS 2021 SELECTION